General Information

欧州産の信頼できるポーク

欧州で最も重要と考えられていることの一つに、食品の安全性があります。そのため、欧州連合では、欧州産のすべての食品を確実に消費者にとって安全なものとすることを目指しています。欧州連合の法律は、豚肉供給業者の農場から消費者の食卓に上るまで、生産チェーンのあらゆる段階における豚肉の安全性を保証しています。豚の健康と幸福を最高水準に保つことが、食品の安全性と市民の健康の保護につながっており、その結果、欧州は欧州産ポークと豚肉製品について消費者から高い信頼を得ています。

豚肉製品の生産、加工、供給の全段階において追跡とトレースを保証する「完全なトレーサビリティ」の概念を導入したことにより、消費者から高い信頼を得ています。食品産業では、すべての食品について、農場からフードチェーンを経て、食卓に上るまで、トレースできることが必要です。

さらに、欧州の食品安全性リスクに関する対応方針は、徹底した評価、管理、そして食品安全性リスクの伝達を基盤としています。その一翼を担うのが、欧州で食品安全性規制を実施する政策立案者へ独立した立場で科学的助言を行う欧州食品安全機関です。 欧州食品安全性規制の一環として、欧州では「予防原則」を適用しています。これはつまり、潜在的なリスクを疑う合理的な理由がある場合には、欧州はそのリスクを即時に制限する、もしくは取り除く措置を講じるということです。リスクが実際にあると確認できるまで待つ必要はありません。

農場から食卓まで安全性に関する取り組みをサポートするため、欧州の食肉業界は、生産チェーン全体にわたって、生産プロセスおよび製品の品質と安全性を追加保証する、統合品質管理体制を導入しました。

Precautionary Principle

欧州の予防原則

豚肉の最高レベルの安全性を確保するための欧州の政策は、根拠が確かな、徹底したリスク評価を基盤としています。欧州連合は、その食品を食べても安全かどうか、特定の原料や添加物の使用を許可するかどうかを決定する前に、欧州食品安全機(EFSA)に科学的な助言を求めます。さらに、欧州連合では、食品安全性のリスクを管理する上で予防原則を適用しています。

安全性のリスクに関する問題が疑われる合理的な理由がある場合、欧州連合はそのリスクを制限する、または取り除くための措置を講じます。 リスクが実際にあると確認できるまで待つ必要はありません。科学的な情報をさらに集めている間、リスクは「保留」されます。予防原則の適用は、潜在的なリスクのみを対象とする必要があります。また、それは(差別なく)公平でなくてはなりません。つまり、予防原則がすべての生産者に対して等しく影響力を持つことが必要です。

欧州連合は、予防原則を活用しています。それは、食品の安全性は欧州にとって最も重要であり、欧州連合では、欧州産のすべての食品を確実に消費者にとって安全なものにしたいと考えるからです。

Traceability

信頼できる欧州産ポークのトレーサビリティ

欧州における「完全なトレーサビリティ」の概念は、豚肉の最高水準の安全性を確保するという欧州の政策の重要な要素です。欧州には「完全なトレーサビリティ」の概念があるので、農場から食卓まで、フードチェーン全体にわたって、すべての食品をトレースすることが可能です。このようにして、欧州産ポークの消費者は、リスクに関するいかなる問題が発生した場合にも守られているのです。

欧州におけるトレーサビリティの概念の原則は、生産、加工、供給のすべての段階を通して食品を追跡し、トレースできることを意味しています。このことは、安全でない製品を市場から取り除き、回収することを可能にしています。従って、トレーサビリティは、潜在的な食品安全性リスクに対応し、欧州においてすべての食品が食べても安全なものであることを確保する方法なのです。 それは欧州における食品安全性に関する政策の基礎であるとともに、特定の食品を対象とした、正確な情報を消費者に提供しています。

実際、欧州の食品業界の事業主は、少なくとも当該の製品の供給者、製品を供給した事業主を即時に特定できることを保証できなくてはなりません。これは、「ワンステップバックワード、ワンステップフォワード」アプローチとして知られています。

欧州連合は、完全なトレーサビリティを活用しています。それは、食品の安全性は欧州にとって最も重要であり、欧州連合では欧州産のすべての食品を確実に消費者にとって安全なものにしたいと考えるからです。 欧州産ポークが市場で最も信頼できる豚肉であることは、こうして保証されています。

欧州食品安全機関

豚肉の最高レベルの安全性を確保する欧州の政策は、根拠が確かな、徹底したリスク評価を基盤としています。欧州連合は、その食品を食べても安全かどうか、特定の原料や添加物の使用を許可するかどうかを決定する前に、欧州食品安全機関(EFSA)に科学的な助言を求めます。

EFSAは、リスク評価(科学)の責任とリスク管理(政策)の責任を分離するため、欧州の規制当局とは別々に機能する欧州の機関です。科学的リスク評価と同機関による科学的発見について公開するのがEFSAの役割です。

そのため、 EFSA は、食品安全性に関する欧州の政策や法律の基礎を構成する、科学に基づく意見や助言を提供しています。また、EFSAは、最も包括的な科学的情報に基づいて情報を収集、分析し、欧州におけるリスク評価をサポートしています。さらに、EFSAは、開示性と透明性をもって業務に取り組んでいます。

欧州連合は、独立した欧州食品安全機関を設立しました。それは、食品の安全性は欧州で最も重要なことであり、欧州連合では、欧州産のすべての食品、特に豚肉を確実に消費者にとって安全なものにしたいと考えるからです。

Animal Health And Welfare

動物の健康と幸福

最高水準の豚肉の安全性を確保するためには、まず豚が健康でなくてはなりません。そのため、欧州連合は、口蹄疫、豚コレラ、家禽ペストといった動物の伝染病の発生を防ぐ適切な獣医学診療によって確実に動物の健康を維持するための厳格な規制を制定しました。病気が大規模に流行した場合には、蔓延することを防ぐため、注意深くモニタリングが実施され、対策が講じられます。

病気になった動物がフードチェーンに入ることを防ぐため、欧州連合に輸入または持ち込まれる前に、すべての動物および畜産物は健康に関する厳しい要件を満たさなければなりません。欧州連合の規制は、豚のような家畜のトレースを可能にするために、家畜を特定することを義務づけています。豚類の特定と登録に関する欧州の規制に基づいて、まず飼い主の番号のタグを耳につけます。

次のステップは、所有する家畜ごとに登録を維持することです。これによって、全国的に豚の所有権が登録されることになり、欧州の獣医学の専門家は、コンピューター・ネットワークを通じて、生存している豚および豚肉製品の移動の情報を交換することができます。

最高レベルの幸福を確保するために、欧州の政策は、豚が苦痛を感じないこと、苦痛が回避されることを保証しています。調査によると、より健康で、丁寧に扱われ、自然に飼育されている家畜のほうが、明らかにより良質な食品を生み出しています。身体的ストレス(劣悪な環境における飼育、輸送、食肉処理等)は、動物の健康と同様に食肉の品質にも悪影響を及ぼす可能性があります。

欧州連合は、動物の健康と福祉に関する厳格な政策を策定しました。それは食品の安全性は欧州にとって最も重要であり、欧州連合では欧州産のすべての食品を確実に消費者にとってより安全なものにしたいと考えるからです。

だから、欧州産ポークは、世界で最も安全な豚肉として認められています。

その結果、欧州の豚肉輸出業者は次のように保証することができるのです。
欧州産ポークは信頼性があり、完全に信用できる!

 

「信頼できる欧州産ポーク」キャンペーンの詳細を読む

Trusted Porkは、欧州産の安全なポークについて正しい情報を提供いたします。このキャンペーンの詳細を読む。