General Information

信頼される欧州のポーク

食品安全性は欧州では最重要事項の1つです。このため、欧州連合は、欧州で生産されるすべての食品が消費者にとって安全であることを保証することを意図しています。欧州連合の法律は、農場から消費者のテーブルに登るまで、生産チェーンのあらゆる段階におけるポークの安全性を保証します。最高水準の豚の健康と豚の幸福は、食品の安全性と公衆衛生の保護に貢献します。これにより欧州は、ポークとポーク製品に対する消費者の高い信頼を獲得しています。

消費者からの高いレベルの信頼は、生産、加工、流通のあらゆる段階でのポーク製品の追跡とトレースを保証する「完全トレーサビリティ」のコンセプトの導入により強化されています。食品事業者は、すべての食品が食品チェーンを通して、農場からテーブルまでトレースできることを確実にする必要があります。

また、欧州の食品安全リスク方針は、食品安全リスクの徹底した評価、管理、通信に基づいています。その一貫として、欧州で食品安全規制を行う意思決定者に対し、独立した科学的アドバイスを提供する欧州食品安全機関があります。欧州の食品安全性規則の終わりに、欧州は「予防原則」を適用しています。これは、潜在的リスクを疑う合理的な理由がある場合、欧州はそのリスクを直ちに制限または排除するための措置を講じることを意味します。必ずしもリスクが実際にあるという証拠を待つ必要はありません。

農場からテーブルまでの安全アプローチを支援するため、欧州ポーク業界は、生産チェーン全体を通じて導入され、かつ生産プロセスと製品の品質と安全性に関して追加保証を与える統合品質管理制度を導入しました。

結果として、欧州ポーク輸出業者では以下を保証できます:
欧州ポークは、完全に信頼できます!

Precautionary Principle

欧州の予防原則

ポークの最高水準の安全性を期するという欧州の方針は健全で徹底したリスク評価に基づいています。食品が食べても安全か、または特定の成分や添加物を許可するかについての決定を下す前に、欧州連合は欧州食品機関(EFSA)の科学的なアドバイスを求めます。さらに、欧州連合は食品安全性リスクの管理に「予防原則」を適用しています。

安全リスク問題の可能性の疑いがあるという合理的な理由がある場合、欧州連合はリスクを制限または排除するための措置を講じます。必ずしもリスクが実際にあるという証拠を待つ必要はありません。リスクは「保留」され、その間、より科学的な情報が収集されます。予防原則の適用は、潜在的リスクのみに的を絞る必要があります。またこれは非差別的である必要があります。つまり、予防原則はすべての生産業者に等しく影響を及ぼすものである必要があります。

欧州連合は予防原則を使用しています。これは、食品安全性が欧州の最優先事項であり、欧州連合は欧州で生産される全食品が消費者にとって安全であることを期することを望んでいるためです。

このため、欧州のポークは世界で最も安全なポークとして認識されています。

結果として、欧州ポーク輸出業者は以下を保証できます:
欧州ポークは、完全に信頼できます!

Traceability

信頼される欧州のポークのトレーサビリティ

欧州の「完全トレーサビリティ」のコンセプトは、最高水準のポークの安全性を確保する欧州ポリシーの重要な要素です。欧州の完全トレーサビリティのコンセプトにより、すべての食品は食品チェーン全体を通じて、農場からテーブルまでトレースが可能です。このように欧州ポークの消費者は、いかなるリスク問題が起こった場合でも保護されます。

欧州のトレーサビリティコンセプトの原則は、生産、加工、流通のあらゆる段階を通して、食品はトレースおよび追跡できることを意味します。 これにより、安全でない製品を市場から除去またはリコールすることが可能になります。 したがって、トレーサビリティは食品安全リスクの可能性に応える1つの方法であり、欧州におけるすべての食品が安全に食べられることを保証しています。 これは欧州の食品安全方針の礎となっています。さらにこれは、特定の製品に関する、的を絞った正確な情報を消費者に提供します。

実際のところ、欧州食品事業主は、少なくとも問題となっている製品のサプライヤーを直ちに識別できること、またどの事業主に供給したかを保証できなくてはなりません。これは「ワンステップバックワード、ワンステップフォーワード」のアプローチとして知られています。

欧州連合は完全トレーサビリティを使用しています。これは、食品安全性が欧州の最優先事項であり、欧州連合は欧州で生産される全食品が消費者にとって安全であることを期することを望んでいるためです。

このため、欧州のポークは世界で最も安全なポークとして認識されています。

結果として、欧州ポーク輸出業者では以下を保証できます:
欧州ポークは、完全に信頼できます!

欧州の食品安全当局

ポークの最高水準の安全性を期するという欧州の方針は、健全で徹底したリスク評価に基づいています。食品が食べても安全か、または特定の成分や添加物を許可するかについての決定を下す前に、欧州連合は欧州食品機関(EFSA)の科学的なアドバイスを求めます。

EFSAは、リスク評価(科学)およびリスク管理(方針)の責任を別にするため、欧州の規制当局とは別に機能する欧州機関です。 EFSAは、科学的なリスク評価とその科学的調査結果を公衆に伝達する責任を負っています。

このためEFSAは、食品安全性の分野における欧州の方針と法律の基礎を構成する科学的な意見とアドバイスを提供します。またEFSAは、欧州のリスク評価を支援できるよう、利用可能な最も総合的科学的情報により、情報の収集と分析を行います。さらにEFSAは、公開性と透明性をもって作業を行うことに取り組んでいます。

欧州連合は独立した欧州の食品安全当局を設立しました。これは食品安全性が欧州の最優先事項であり、欧州連合は欧州産の全食品が消費者にとって安全であることを期することを望んでいるためです。

このため、欧州のポークは世界で最も安全なポークとして認識されています。

結果として、欧州ポーク輸出業者では以下を保証できます:
欧州ポークは、完全に信頼できます!

Animal Health And Welfare

動物の健康と幸福

最高水準のポークの安全性を確保するためには、その元となる豚が<1}健康である必要があります。このため、欧州連合は良好な獣医慣行と、口蹄疫や豚コレラ、鳥インフルエンザなど、動物の伝染病の大流行を防ぐことで、動物の健康維持を確実にするための厳格な規則を設けています。大流行が起こった場合には、慎重に監視し、その波及を防ぐための対策が講じられます。

病気になった動物が食品チェーンに入り込むのを防ぐため、すべての動物および動物製品は欧州連合に輸入または取引される前に厳格な健康要件を満たす必要があります。欧州連合の規則も豚などの家畜をトレースできるよう、その識別を義務付けています。豚のグループの識別と登録の欧州規則は、所有番号のついた耳標で始まります。

次の段階は、各所有に関する登録を維持することです。これにより最終的に豚の所有の全国的な登録が設けられます。欧州の獣医当局は、コンピューターネットワークにより、欧州内での生きている豚およびポーク製品の動きについての情報を交換することができます。

最高水準の幸福を確実なものとするため、欧州方針は、豚が避けることのできる痛みや苦しみを受けることのないことを保証しています。調査によると、農場の動物はより健康であり、丁寧な取扱を受け、自然に行動できる場合、より良い食品を生み出すことが明らかになっています。肉体的なストレス(劣悪な環境での飼育、輸送、屠殺など)は、動物の健康だけでなく、食肉の品質にもマイナスの影響を与えることがあります。

欧州連合は厳格な動物の健康と動物の幸福方針を設立しました。これは食品安全性が欧州の最優先事項であり、欧州連合は欧州で生産される全食品が消費者にとって安全であることを期することを望んでいるためです。

このため、欧州のポークは世界で最も安全なポークとして認識されています。

結果として、欧州ポーク輸出業者では以下を保証できます:
欧州ポークは、完全に信頼できます!